水と美のライフスタイルマガジン
BE WATER

Contact

健やかに暮らす 2016.05.16

「水音」でストレス解消!自律神経を整える奇跡の音

water_sound_top

連休明けのこの時期、ほっと一息ついたのもつかの間。再び慌しい毎日がやってきます。春先は転機も多く、カラダも心も疲れを溜めがち。
なんとなくだるい、やる気が出ない・・・となかなかスイッチが入らない人も多いのではないでしょうか。五月病という言葉からも分かるように、この季節はコンディションを崩しやすい季節ともいえます。そんなあなたに「水音」でストレスを解消する癒しの方法をご紹介します。

そのストレス、もしかして脳からきているかも!?

water_sound_stress_重炭酸塩
耳から入る音はダイレクトに脳に届きます。その音が騒音や不協和音などといった不快に感じる音だった場合、脳がストレスと認識して人間のカラダは疲労を感じてしまうのです。これにより、自律神経の乱れから始まり、不眠やうつ病を誘発しやすくなるなど、様々な疾患を併発させる原因になります。

私たちが日ごろから無意識にキャッチしている音ですが、実は自然音人工音という二つの種類に分けられることを知っていますか?音は目に見えないものですが、その正体は空気を通して伝わる「振動」です。「音波」といも言われるように、振動は波として表されます。そして、1秒間に何回波打っているかを表した数値が周波数で、これが「ヘルツ」という音の高さを意味する単位として用いられます。

ここで、カラダに「良い影響」と「悪い影響」を与える音の種類を見てきましょう。

●自然音(高周波)・・・・・脳に優しい癒しの音 
川のせせらぎや鳥や虫の鳴き声、木々のさざめく音のような自然が生み出す音。
周波数の数値が多い高い音が「高周波」で、自然音に多く含まれています。
通常では、6,000ヘルツ以上を高周波、人の耳に聞こえない20,000ヘルツを超えるものを超高周波といいます。

●人工音(低周波)・・・・・脳に負荷を与える不快音
家電製品の音や車のエンジン音など、近代文明によって作られた音が人工音です。
周波数の数値が少ない低い音を「低周波」といい人工音に多く含まれています。
主に20ヘルツから4000ヘルツくらいの領域を指し、ヘルツ数が低くなればなるほど騒音などといった不快音になります。

また、デシベルという音の大きさを表す単位もあり、人がストレスを受けずに過ごせる音は40~50デシベルとなっています。しかし、静かなオフィスで50、都市の雑踏で60前後、洗濯機や掃除機などの家電は70デシベル以上と、いかに普段の生活が、人工音、そして「騒音」に囲まれているかがわかります。
川の流れる音や雨音などの自然音を聞くと心が休まり、機械音のような人工音には不快感を覚えるという人が多い理由はここにあるのです。規則的に続く家電製品などの人工音を聞き続けていると、なんだかイライラしてきちゃう、そんな経験をしたことがあるかもしれませんが、これがその正体なんです。

日常的に「水の音色に触れる」こととベストな旅行先のススメ

water_sound2
人の心やカラダを健やかに導く高周波である自然音。では、どのように自然音を活用すればいいのでしょうか?それには、主に2つの方法があります。外出先をちょっと工夫することと、自然音に接する工夫をすること。具体的には、ちょっと外に出る時は緑の多いところを歩く。そうすることで、道端なら木々の葉がこすれ合う音、公園ならばそれに加え噴水の水しぶきの音、鳥のさえずりなど、自然の音を感じられるはずです。

また、最高のストレス発散方法といえば旅行も方法の一つ。ただし、ポイントは「水」を意識した海や湖といった地域を選んで行くこと。例えば、イタリアのハリウッドセレブがこぞって癒しの時を過ごしにいくイタリアのコモ湖。周辺は億単位の別荘が立ち並ぶ、山と湖のコントラストが美しい避暑地です。
Lake_como_italy_重炭酸塩
他にも、湖に浮かぶ城、ドイツのキーム湖。ベルサイユ宮殿を模したそのお城の豪華さと、珍しい風景と、緩やかな水の音と、それに多くの緑があふれています。
キーム_重炭酸塩水の癒し効果と美容効果がいっぺんに堪能できるフランスのヴィシーもおススメです。療養地でも有名なリゾート地でもあるヴィシーは、世界最大手の化粧品メーカー、ロレアル傘下のスペシャルスパ「ヴィシーシャワー」もフルコースで堪能することができます。日本では一部メニューが、ホテル椿山荘でのみ体験できるとのこと。また、ヴィシーセレスタンは数少ない「重炭酸塩をふんだんに含んだ、天然の飲める美容水」でもあるので機会があれば是非試してみてください。※フランスのスパに関してはコチラのスパ記事がおススメです。Vichy_spa
どうしても忙しくて外出ができないという時は、自然音が収録されたリラクゼーション用の音源を聴いてみるのも良いでしょう。中でも、水の音は高周波数の宝庫。お休み前や、疲れが溜まったなと感じた時に癒しの効果がたっぷり!川のせせらぎや波の寄せ返す音、水が滴り落ちる音など、一言に水の音と言っても実にたくさんの種類があります。水の音を含めた自然の音を聞く時間を、少しでも毎日の中に取り入れられれば、ストレス解消や脳のリラックスに大きな効果を感じることができるでしょう。

「水の音色」は脳を休めて、ストレス解消に効果的

water_sound5
最近の研究では、高周波や超高周波(20,000ヘルツ以上)をたっぷりと含んだ自然音には、人間にエネルギーを与えて体や心を活性化する働きもあることが分かってきました。自然音には、高周波の中で不規則に変化するという特徴があります。例えば、水滴の音を思い出してください。ポツ・ポツ・ポ……ポツといった具合に、不規則なテンポの音を発しています。この不規則なテンポこそが自然界特有のもの。川のせせらぎや、風の音、またそれらから感じる流れを“ゆらぎ”と呼びます。中でも「1/fゆらぎ(えふぶんのいちゆらぎ)」と言われるテンポには、人の心を癒し、ポジティブな活力を生む効果があることが分かっています。
1/fゆらぎを人間が感知すると、脳はα波というリラックスや心身が安らいでいるときの脳波が出ます。つまり、水の音などの自然音には脳を休めて、ストレスを解消しつつ、活力を与えてくれる一石二鳥の効果があるんです!

water_sound6
音は何もしなくても、人工音・自然音を分けることなく全てが耳を伝わって脳に入ってきます。癒す音だけを選別して生活できない以上、少しでも意識して自然音に触れる時間を持ちたいですよね。

ストレスは美容やお肌の大敵!身近な水の音を聴くことは、抗ストレスになり美容にもいいもの。水のチカラでこころに余裕を持って、ストレスフリーなイイ女を目指していきましょう!

参考文献:
聴くだけで不調が消える 水琴の音 著者:大橋智夫 監修:西河潤 出版社:学研

この記事をみんなにシェアする♪


ranking 人気記事

Sorry. No data so far.


keywords 注目キーワード


about BE WATERSについて

BE WATERは、“水のように美しく健やかに生きる”をテーマにした水と暮らしのWEBマガジンです。身近な飲料水に関する記事から話題のニュース、美容と健康、ライフスタイルまで多彩な情報を発信していきます。


ページトップ