水と美のライフスタイルマガジン
BE WATER

Contact

健やかに暮らす 2016.08.01

お酒を美味しく飲む秘訣は水にあり!二日酔いも防止する水パワーを取り入れよう

sake_重炭酸塩_TOP

1日の終わりに飲むお酒は、か・く・べ・つ!

お気に入りの一杯をグビリとやって「カァーーーーーー!うんめぇぇぇ!」と(人目さえなければ)唸りを上げる女性も少なくないはず。適度なお酒は極上のリラックスタイムを与えてくれますが、実はそこに「美味しい水」があれば、お酒はもっと美味しく、さらに二日酔いにも効果を発揮しちゃうのです。この「水と酒の密接な関係」を知っていると、意中の男性とのデートの際にも一目置かれちゃうかもしれませんよ。

お酒に合う水、美味しくする水が存在する!!

アルコール_重炭酸塩2
お酒と水の組み合わせで最初に思いつくのが、焼酎やウイスキー、果実酒などの「水割り」。水割りを作る際は、これからは水の種類に注目してみてください。なぜなら、よりお酒が美味しく飲めるヒケツがここにあるからです。

水にこだわりたい方におすすめなのが、水割りやチェイサーにその銘柄の酒造りに使われている水を合わせることです。もともと、お酒造りに水は欠かせないもの。例えばウイスキーでは、お酒造りに使う水を「マザーウォーター」と呼び、通常その土地のミネラルウォーターを使用します。お酒作りに使われている水は、言わばそのお酒に最も合う水。可能であれば、同じ水を手に入れてそのお酒を味わってみましょう。ただし、全く同じ水を入手するとなると難しい場合もあると思います。そんな時は、その土地の近くで採水されたミネラルウォーターを選んでみてください。こちらは比較的手軽に手に入れられるはず。なぜなら、お酒の産地は、多くが名水の土地からなのです。

ヨーロッパ産のお酒ならば、硬水から醸造していることも多く、その土地によってずいぶんと硬度や種類に差が出てきます。一般的に、お酒の味自体に強い個性のあるスコッチウィスキーなどは、硬水で割るとその美味しさがさらに引き立つと言われています。
アルコール_重炭酸塩3
また、軟水大国日本のお酒、「日本酒」なら、醸造に使用されるのも、多くの場合、地域の美味しい軟水であることがほとんど。。軟水はクセがないため、チェイサーにも向いています。お酒の味を引き立てるというよりは、「お酒に寄り添うお水」とも言えるでしょう。

好みのお酒を、産地の水と一緒に飲む、そんなストーリーも美味しいお酒を楽しむためのスパイスになってくれそうですね。まさにワンランク上の楽しみ方です。

水の飲み方で翌日の体調に大きな差が!大切なのは水を飲むタイミングと量が大事

アルコール_重炭酸塩4
お酒を楽しんだ翌日、つらいのが二日酔い。二日酔い予防には多くの方法があると思いますが、最も簡単で効果的なのは水を飲むこと。誰にでもできる二日酔い予防対策なので、ぜひお試しあれ。

まず、二日酔いを予防するためには、体内に入るアルコール濃度をなるべく抑える必要があります。それにはお酒と水をできるだけ「同時に」飲むことが重要。アルコールを薄めて血中アルコール濃度を抑え、ゆっくりアルコールを吸収させることが二日酔い予防につながります。飲み方で言えば、お酒と水を同時に飲むことのできる「水割り」が最も効果的です。とはいえ、ストレートやロックでお酒そのものの味を楽しみたいという場合もあります。そんなときは、必ずチェイサーとして水を用意し、お酒を飲むたびに同量くらいの水を飲むことを心がけてみてください。

また、二日酔い対策は実はお酒を飲む前から始まっています。1杯目のビールを美味しく飲むために、数時間前から水分をとるのを我慢して、乾杯と同時に冷たいビールを一気飲み!などという飲み方をしている方はいませんか?気持ちは分かりますが、二日酔い予防の観点から言えば厳禁。血中アルコール濃度が一気に上がり、体に大きな負担がかかってしまうからです。アルコールをゆっくり吸収させるためには、お酒の前に1杯の水を飲んでおくのが理想的です。

そして、お酒を飲んだ後の対策も大切。アルコールには利尿作用があるので、飲酒後は体の水分が不足して脱水症状を起こしやすくなります。脱水症状も二日酔いの原因となるため、お酒を飲み終わった後も、コップ1~2杯の水を飲んでから寝ると良いでしょう。

それでも二日酔いになってしまったら・・・重炭酸塩水がおすすめ!

アルコール_重炭酸塩5
お酒を飲んだ日の翌朝は、喉がカラカラに乾いていませんか?こんなとき、体はアルコールの利尿作用でかなりの水分不足となっています。とにかく、水分補給を第一に考えましょう。飲むのは普通の水でもOKですが、おすすめなのが炭酸水。二日酔いになってしまうと、吐き気で「水を飲むのさえつらい・・・」といった状況になることもありますが、炭酸水は口当たりがよく、吐き気があっても飲みやすいのがポイントです。

中でも、重炭酸塩入りのお水は胸やけや吐き気を抑え、つらい二日酔いを軽減してくれる効果も見込めます。重炭酸塩とは聞きなれない言葉かもしれませんが、炭酸水素ナトリウムを含んだ水のことで、少々の塩分が含まれているのが特徴です。この重炭酸塩水のブランドには、「ゲロルシュタイナー」「ヴィシーセレスタン」などのミネラルウォーターがあります。朝起きてすぐ飲めるように、これらの水をペットボトルで常備しておくと安心ですね。
☆重炭酸塩については美肌作りのお供に「重炭酸塩」が欠かせない理由の記事も参考にしてみてくださいね☆

アルコール_重炭酸塩6
より美味しくお酒を味わい、翌日にはお酒を残さずはつらつとしているのがスマートなお酒の楽しみ方。水はお酒のベストパートナーです! お酒を楽しむ際は、くれぐれもお酒に飲まれないように、水を味方につけて素敵なひとときを過ごしてくださいね!

参照元:
知識ゼロからのシングルモルト&ウイスキー入門/古屋三敏 著/幻冬舎

この記事をみんなにシェアする♪


ranking 人気記事


keywords 注目キーワード


about BE WATERSについて

BE WATERは、“水のように美しく健やかに生きる”をテーマにした水と暮らしのWEBマガジンです。身近な飲料水に関する記事から話題のニュース、美容と健康、ライフスタイルまで多彩な情報を発信していきます。


ページトップ