水と美のライフスタイルマガジン
BE WATER

Contact

世界を知る 2016.08.08

この夏ゼッタイ行きたい!「まるで絵本」な世界遺産の水上都市4選

TOP_城_重炭酸塩

バケーションシーズンまっただ中!ただ、いつもの伊豆じゃつまらない・・・。どうせなら今までと違った観光を楽しみたい!
・・・と思っているそこのアナタ。この暑い夏だからこそ、『水上の城塞都市』で一味違った癒しの旅に出てみませんか?世界には驚くほど沢山の城塞都市が存在します。今回は、水メディアらしく、歴史情緒あふれて息を飲むほど美しい、水上に面する城塞都市に絞って、ガイドしていきます!

美しい城塞であるほど、激動の歴史が!?

history_重炭酸塩
「城塞」は、街や都市、そしてお城を囲む硬い岩などで出来た壁(城壁)が形成する都市やお城のこと。紀元前4000年ごろには城塞があったとされており、今でも、ヨーロッパの多くの国や都市では多く残っています。

そんな歴史深い城塞・城壁ですが、その役割はというと・・・

【1】有力者の権力の誇示
【2】国や都市、もしくは街を、他民族や他国の攻撃からの侵入を防ぎ、土地を守るための物
【3】今でいうシェルターのような機能で、その土地に住む人々を守るための物
【4】津波などといった自然災害から守るための物

 
メインの役割は、2番・3番が多いようです。というのも、ヨーロッパは島国日本と違って、様々な国が1つの大陸内に割拠しており、馬や徒歩で進むことができるのは勿論のこと、間に海や湖があってもちょっとした船を出せばすぐ他の土地に到着することができます。広い大陸がゆえに、様々な民族や宗教も存在し、異民族・異宗教間での戦争も絶え間なく起こっていました。戦争の目的は主に、土地や都市を奪いとること。奪い取った土地で自分たちの文化を発展・繁栄させるために、異教徒・異民族の争いが繰り広げられていました。いつ敵が攻めてきてもおかしくない状態にあるのが普通だったために、国と身を守るための強固な都市づくりが必要だったのです。

ちなみに日本でほとんど見られないのは、上記のような歴史的背景がなかったからです。小田原城・大阪城においては城下町といった形で、町が一種の城塞として栄えていましたが、あくまで戦略的都市計画の一環であり、非常に希有な例です。

こういった歴史的背景から建てられたヨーロッパの城塞ですが、今は本来の機能を果たしていないものの、その美しい町並みは観光スポットとして、人々の生活に根付いています。城塞都市と一言でいっても、数え切れないほど様々な場所にあるのですが、今回はBE WATER編集部が厳選した『水(海)に面する美しき城塞都市』のご紹介しましょう!

アドリア海に癒される!

ヨーロッパの中でもひと際美しい海で有名なアドリア海。地中海にある湾入(わんにゅう)で、イタリアとバルカン半島の間の海域を指します。最奥部のベネチア湾から南東方向に広がり、湾頭部のオトラント海峡までの全長は約800kmと大きな海です。
そんなアドリア海沿いには、数多くの城塞都市が栄えています!

●クロアチア
クロアチア_窓_重炭酸塩
クロアチアにあるドゥブロヴニクは、アドリア海の中でも非常に大規模な城塞都市として有名です。12世紀ごろに建築されたといわれており、城壁の高さはなんと12メートルにも及びます。昔から、海洋の重要拠点とされていて貿易も活発に行われていましたが、それゆえに何度も異国や異教徒などの侵略に遭ってきた歴史があります。
クロアチア 屋根と壁 重炭酸塩
街を取り囲む城壁の上は、観光客でも歩けるようになっており、ここから眺める、青い海とオレンジ色の家屋、そして白い城壁のコントラストに目を奪われること間違いなしです。街の背後に位置するスルジ山を登れば、息を呑むような街の全景を眺めることが出来ます。

●モンテネグロ
モンテネグロ 景観 重炭酸塩
モンテネグロは、元々はユーゴスラビアの1部で2006年に独立を果たした、アドリア海沿いの国です。中でも都市コトルは、アドリア海に面しながらも険しい山脈に囲まれている歴史的建造物も多い城塞都市です。
モンテネグロ 教会 重炭酸塩
過去に、ブルガリア帝国・セルビア王国・ヴェネチア共和国と幾度も宗主国が変わり、建物や文化にも様々な国の様式が色濃く出ている場所です。

飛行機も多く行きやすい2都市!フランス・スペインはやっぱりテッパン

比較的アクセス便利で、いくつかの城塞都市を巡りたいなら、フランス・スペインもおススメです。

●スペイン
トレド スペイン 城塞 重炭酸塩
スペインの中央部に位置する町、トレド。ここに、タホ川という大河に囲まれた城塞都市があります。この地方も多くの戦乱に見舞われ、ユダヤ教・イスラム教といった今でいうアラブ諸国の文化も混ざっていることが特徴です。

トレド スペイン 橋 重炭酸塩
海外では、「1日しかスペインにいるのが出来ないのであれば、迷わずトレドに行け」と言われるほど豪華な建物や美しい街並みを堪能することができます。

●フランス
フランス 城塞 重炭酸塩
ショッピングに美術館巡り、スパ巡りにも、沢山の魅力がつまった日本人にとって大人気の国、フランス。イギリス海峡に面した北西部にある都市サン・マロは、かつてフランス最大の港町として栄えた場所でもあり、沢山の城壁が広大な城塞を形成しています。
フランス 砲台 重炭酸塩
町には、敵国から身を守るために作られた監視台や砲台の跡がところどころに見られます。第二次世界大戦での爆撃を受けて、町の80%が破壊された過去がありますが、その後人々の懸命な修復作業により復元され、かつての美しい姿を取り戻しています。

日本にはない広大な城塞都市、本当に美しいところばかりです!特に海沿いの都市は、海や街並みの美しさは勿論のこと、海産物が有名でご飯も美味しいところも多いようです。この夏は、歴史のロマンを感じつつ、目の保養に、ストレス発散に、美味しい物を食べに!!ぜひ、色々な『城塞都市』に足を運んでみてください♪

参考書籍:
世界の城塞都市 出版社:開発社 監修:千田嘉博

この記事をみんなにシェアする♪


ranking 人気記事


keywords 注目キーワード


about BE WATERSについて

BE WATERは、“水のように美しく健やかに生きる”をテーマにした水と暮らしのWEBマガジンです。身近な飲料水に関する記事から話題のニュース、美容と健康、ライフスタイルまで多彩な情報を発信していきます。


ページトップ