水と美のライフスタイルマガジン
BE WATER

Contact

特集 2016.10.11

目指せ健康美人!パーソナルトレーナーが実践する水を活用した自律神経コントロール法

taneitisama-top

皆さん、こんにちは。種市 真由美(たねいち まゆみ)と申します。
ヘルスケア業界に携わって今年で12年目。女性の皆さんのダイエットやボディメイクを中心に活動し、ボディメイクに特化したオリジナルレッスンや、パーソナルトレーナーとしてカラダを引き締めたいと願う女性のサポートを行っています。また、「アンチエイジングプランナー」という資格を取得して、日々多くの女性の健康や美しさのサポートをさせていただいています。

今回は、女性の多くが悩まされている『自律神経の整え方』について、水との深い関係や、私が実践している効果的なメソッドについてご紹介させて頂きます。

水はカラダの本来の機能を高める鍵となる!

自律神経_重炭酸塩40
仕事を通して、忙しい日々に追われ、ストレスやカラダのバランス、心のバランスを崩している女性が本当に多い世の中。何より、私自身もさまざまなカラダの不調を経験してきました。そこで、自律神経を整えることは、『カラダが本来持っている機能を取り戻すこと』だと、たどり着いたのです。

『水』でカラダの不調が回復できる!と聞いたら皆さんは驚かれるのでしょうか?
私にとって水は、薬にも匹敵する存在です。言い過ぎかもしれませんが、薬をも超える存在だと思っています。私たちのカラダは、半分以上が水でできています。驚くことに、胎児では体重の約90%、赤ちゃんは約75%、ほぼ水で生まれてくるといっても過言ではありません。成人であっても体重の60%。生まれた時からカラダの構成要素となっている水が、私たちのカラダと相性が悪い訳はないのです。水でできているなら、水で治す!こう表現すると何となくしっくりくる気がしませんか?

しかし、実際は多くの人が、体調が悪いと下記のようにすぐに「薬」に頼りがちです。

・風邪を引いたら薬を飲む
・お腹の調子が悪いから薬を飲む
・気分が落ち込むから薬で上げる

これらは決して間違ってはいませんが、女性の皆さんの抱える不調に薬が効かないということが意外にも多いのです。元々内臓が弱く、栄養を上手に吸収させられなかった約7年前の私は、どうすれば薬に頼らずにカラダの機能を高められるか、漠然と見えない何かを探していました。そんな時、本屋で見かけたある本の一節が目に留まりました。

『自律神経を整えたければ、一杯の水を飲みなさい』

当時、私自身が自律神経については全く無知でしたが、これが探していた「見えない何か」ではないかと強烈に感じたのです。その後、この分野について積極的に調べ、実践し、『自律神経を整える』という私の健康の土台ができ上がりました。

不調を抱える女性たちには共通があった!?

自律神経_重炭酸塩41
さらに、私が運動指導や健康や美容のパーソナルサポートに携わる12年間の中で、あることに気付きました。それは、『痩せづらい女性には共通の似たような不調がある』ということです。
例えば、ダイエットというと、食事や運動などこの辺りばかりがクローズアップされます。痩せられないのは、食事が悪い。食事が減っても痩せなくなったら、今度は運動で活動量を上げなきゃ!!と。ですが、同じ様に頑張ってダイエットに励んでいる女性でも、明らかに人によって効果に差が出るのです。この違いは何なのか?私は、本来のカラダの機能がしっかり働いているかに、強く着目することにしたのです。

女性たちが共通して抱える不調には
・便秘
・不眠、寝不足
・身体の冷え、血流の滞り
・イライラ、不安

この4つが非常に多いことに気付きました。

これって自律神経が乱れると起こる症状と同じ!?と、私は気付いたのです。だとしたら、自律神経を整えれば、痩せやすくなる女性が増えるということにもなります。そこからの私のダイエット指導、食事指導のバランスは、大きく変わっていきました。今まで、食事と運動でほぼ10割を占めていたのが、食事と運動:自律神経による不調の改善=5:5くらいの割合に変化していくと、見る見るうちに様々な不調が改善していく人が多くなってきました。それほどまでに、自律神経の乱れは身体の働きに大きな影響を与えていくのです。

意外にも密接だった!?水と自律神経の関係について

自律神経_重炭酸塩42
自律神経の役割を見ると、実はこんなにも当たり前のように行われているものなのかと驚きます。

主な自律神経の働き
・体温の調整
・呼吸をする
・内臓の働き
・血管の働きをコントロール

これらはすべて、私たちが意識せずとも自然に行われている行為で、自律神経の機能そのものでもあります。自律神経は、大きく分けると『交感神経』『副交感神経』に分けられており、私たちの日常はこの2つの神経が切り替わることでカラダの機能を守っています。交感神経、副交感神経がバランス良く1:1の状態であるだけでなく、状況に応じてスイッチのようにカチッカチッと、2つの神経がスムーズに切り替わる事が大切で、カラダの機能がしっかりと働いている証拠です。

ですが、現代女性は、仕事・人間関係とストレスが多く、常に『交感神経』ばかりが働いている状態になっているのが現状です。そこで、忙しい現代女性におススメしたいのが、『水を飲むこと』。水を飲むことは、この自律神経の切り替えをスムーズに起こさせる最も簡単な方法なのです。カラダを目覚めさせ、毒素の排出にも水を飲むことは大切。身近にありすぎて、なかなかその大切さに気付かないものですが、水は私たちにとって天然の薬なのです。

朝起きたらコップ1杯のお水を!!

自律神経_重炭酸塩43
多くの女性の悩みの種である、便秘や肌荒れ。実は、それらに直接関係する腸の働きと、自律神経は密接に関わっています。腸の働きを良くすることで、自律神経の中でも副交感神経を高めることができるのですが、その一番簡単な方法が朝起きてすぐ、『コップ1杯の水を飲む』ことなのです。理想は常温のお水です。10℃前後の常温の水を飲む事によって、腸の蠕動運動を起こさせ、便秘の改善やその後の食事の消化吸収能力を高めることができます。『便秘』を改善することによって、腸内環境が整い、痩せやすいカラダ作りもできます。便秘が長い慢性化している方には、マグネシウムやカルシウムが多く含まれる硬水を飲むのも効果的です。

私がおススメする、胃腸の消化を助ける微炭酸天然水はコチラです。
vichy_water
ヴィシーセレスタン(硬度290mg/L)/大塚食品

他にも、水を飲む前に、『うがい』をするのもおすすめです。朝、起きてすぐの口の中は、細菌がいっぱいです。それをカラダの中に入れない様にすることは、風邪予防にもなり私が何年も続けている習慣です。この習慣を続けたことによって、昔よりお腹を壊しにくくなり、風邪もひきづらくなりました。

お風呂タイムでの自律神経調整法

自律神経_重炭酸塩45
面倒くさいからといって、シャワーだけで済ませていませんか?私は自律神経を整えるために、1年中湯船に浸かるようにしています。38~40℃のぬるめのお湯に浸かることで、リラックス効果が高まり、副交感神経を高める事ができます。

入り方のコツとしては、『首』と自律神経は密接に関わっているため、首まで湯船に浸かって温める事は、自律神経を整えることにとても効果的です。入浴時間に関しては、私は、15~20分くらいですが、時間というよりは、毛穴が開き、ポタポタと汗がこぼれてくるぐらいまでを目安にしましょう!女性の不調に多い冷えや血流の滞りを緩和し、イライラや不安も解消されます。

逆に、すっきり目覚めたい人にはシャワーがおススメ。1~2分程、少し勢いのあるシャワーを頭に流し続けてください。頭を軽く指先で、ポンポンとタッピングする様に叩きながらシャワーの圧を加える事により、身体が目覚め、交感神経が働くようになります。リズム良くポンポンポンと頭を刺激してみてくださいね。

自律神経は、決まったリズムに対し良い変化をします。このように、湯船に浸かって副交感神経を高め、シャワーでは交感神経を高める。これらは、まさにカチッカチッと切り替えをスムーズに行えるようにするための『自律神経訓練法』になります。

寝る前30分前に常温の水を飲む理由とは

自律神経_重炭酸塩46
人間は、ストレスや疲れによってカラダが酸化(酸性)に傾いていきます。水を飲むと、この状態を中和し、人間本来の健康で美しくいれる状態のアルカリ性に戻してくれる効果があり、快眠にもつながります。ここでもやはり、常温のお水を飲むことをおススメします。より、腸に吸収されやすく血液をさらさらにしてくれるからです。睡眠のゴールデンタイムに血液がさらさらであると、成長ホルモンが細胞に行き届きやすくなり、疲労回復や、脂肪燃焼効果も高まります。逆に冷た過ぎる水は血管を収縮させ、胃腸の機能を低下させてしまうためおすすめできません。

健康美人の秘訣は、生活習慣を整える事です。カラダの内側の声に耳を傾け、機能を高めてあげることが何よりも近道です。水の力を利用してもう一度本来のカラダの機能を取り戻しましょう!

参考書籍:
なぜ、『これ』は健康にいいのか?(サンマーク文庫)/執筆 小林弘幸

この記事をみんなにシェアする♪


ranking 人気記事


keywords 注目キーワード


about BE WATERSについて

BE WATERは、“水のように美しく健やかに生きる”をテーマにした水と暮らしのWEBマガジンです。身近な飲料水に関する記事から話題のニュース、美容と健康、ライフスタイルまで多彩な情報を発信していきます。


ページトップ